健康障害防止する資格

実務経験が必要な資格

トップ / 実務経験が必要な資格

衛生管理者の資格について

衛生管理者は労働安全衛生法において定められている国家資格です。労働環境の衛生的な改善と疾病の発症を予防して処置するなど、仕事場での衛生管理の全般を業務内容としています。衛生管理者は常に50人以上の労働者を使用する仕事場において責任が義務付けられていて、毎週1回は巡回して労働者の健康障害を防止しています。この免許には、業務の範囲が広い順に、衛生工学、第一種、第二種の3種類があります。大学で工学あるいは理学に関する過程を修得して一定の資格がある人などが講習を受けて修了試験で合格することによって取得できます。

エステ資格

衛生管理者という仕事について

衛生管理者の資格は第1種と第2種とあり、第1種はすべての業種に対応することになります。第2種は業種が限られますがデスクワーク主体の事業所ではこちらで対応ができます。50人以上の従業員がいる事業所では必ずこの衛生管理者の配置が必要です。もし資格を持っている人がいなければ持っている人を採用するか、受験させて配置をするかなど労働基準監督署などが指導してきますから、放置しておくことはできません。なお、受験するには労働安全衛生での関係する業務で3年間以上の実務経験が必要なために、誰もが受験できるものではありません。

エステ関係の資格の情報